スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

零〜紅い蝶〜

 mautyo800.jpg


今日は近頃プレイしたゲームを紹介致します。
2003年11月27日にテクモからPS2で発売された和風ホラーが題材のアクションアドベンチャーゲーム「零〜紅い蝶〜」です。






あらすじ

双子の姉妹、澪と繭は、幼い頃の数年間を過ごした故郷にやって来た。二人にとって秘密の場所だったこの沢は、夏休みが終わるとダムの底に沈んでしまう。最期にもう一度見ておこうと足を向かわせた。

だが、この沢では過去に、姉の繭が山道から足を滑らせ転落する事故が起きた。その後遺症に繭が現在も悩まされていることに、澪は罪悪感を抱いていた。

"あのとき私がお姉ちゃんを待っていたら、今も一緒に走れたのに…"

回想にまどろむ澪が、ふと顔を上げると、繭の姿が消えていた。周囲を見まわすと、紅い蝶を追って森の奥に入っていく姉を見つける。その後姿に白い着物の女性の姿が重なったが、構わず姉を追い、気が付けば鬱蒼とした森から抜け出していた。

「…お姉ちゃん?」

ゆっくりと繭が振り返ると紅い蝶たちが一斉に舞い立つ。眼前に広がる廃村は地図から消えた村『皆神村(みなかみむら)』だった。澪と繭は誘われるように村へ入っていく。


ニコニコ大百科より引用





だいぶ前の記事(2012年11月17日)で、「いつか零シリーズをプレイしてみたい〜」とほざき、遂に念願のシリーズプレイに達しました。
プレイを躊躇っていた理由としては、ジャパニーズホラー要素満載で怖くてプレイ出来ないのではと思っていた事と、自分があんまりゲームが得意ではないことに尽きます(知り合いから「ナベちゃんってゲームするの?」とよく聞かれるのですが、…家にもクリアまで辿り着かずに放置しているソフトが多々あります)。

しかし近年、某友人から同シリーズの「零〜濡鴉ノ巫女〜」のプレイ動画の視聴を勧められ、恐怖演出の中でも切ない物語に引込まれ、これは何かしらプレイして語りたい…と心に決めたものです。

ハード上の問題で家にあるPS2で出来るシリーズ中最高傑作と名高い今作をプレイしてみようと目論んだ経緯がありました。


前置きが長くなりました。ココから先はゲームの紹介も含めいろいろと。
ジャンルは前述通り和風ホラーでありえない物を写し出す事が出来るカメラ・射影機を用いて、怨霊や悪霊を除霊したり謎を解いたり仕掛けを解いたりして進めて行くゲームです(ざっくばらん)。



smile-1.jpg
霊は怖〜いものもいれば、案外あれ…可愛い?と思える霊もいたり…。因みにこの女の子の霊は「立花千歳ちゃん」といい、紅い蝶敵幽霊非公式ファン投票で圧倒的格差を付けて堂々たる1位を獲得したそうです。

出現する幽霊を武器と言っても良い「射影機」を使って、ただ倒して行くだけではなく、その出現する幽霊にもバックストーリーがあります。「人間として暮らしていた人がどうして霊として成らざるをえなかったのか」経緯が、進んで行く毎に明らかになっていくのです。恐怖演出を煽るだけではなく、大筋のシナリオ・物語が非常に魅力的でプレイ出来たといっても過言ではありません。


img_2.jpeg

双子の少女が主人公。

天倉澪
主人公。明るく活発(であるが憂いもある)。お姉ちゃんが大切過ぎて大変な目に度々合うが決してめげない。作中、何かに取り憑かれてフラフラ何処かへ行くお姉ちゃんを情熱で何処までも追いかける。悄気ない。
常に逆八の字眉(`・ω・´)

天倉繭
主人公の双子の姉。お姉ちゃん。霊感が強いが耐性が無いに等しいため、度々何かに取り憑かれる。弱々しくおしとやか。お姉ちゃんも澪がとっても大好き。
常に八の字眉(´・ω・`)

この相思相愛な仲の良い姉妹2人は地図から消えた村に迷い込んでしまいます。更に姉の「繭」が霊に取り憑かれて度々行方を眩ましてしまうのです。妹の「澪」を操作し姉を見付け村から脱出しようとする、といったお話がベースです。

この零シリーズは恒例と言っても良い「儀式」たる存在があります。シリーズ中、大体このなんらかの「儀式」に失敗し災厄に飲み込まれ時空が歪んでしまったといった経緯があります。
その儀式でキーワードとなっているのが「双子の存在」であり…澪と繭、双子の姉妹に恐るべき運命が待ち構えているのでした…。



始めは怖いな〜何か出て来るな〜射影機難しいな〜と思いつつプレイをしていたのですが…徐々に解明していく真実に怖さよりも切なさが上回っていきます。
巷でも時折語り種となる今作では、主人公の澪と繭以外にも様々な双子が出て来ます。姉妹・兄弟の課せられた運命、狂気にも近いかもしれない愛情、切なさや耽美が感じられる幻想的な世界観に拍手喝采を送りたいものでした。




そして衝撃的と言っても過言ではない物語の終焉…。
エンディングで流れる天野月子さんの「蝶」が、また素晴らしかったです。エンディングで1度泣き、天野さんの歌詞を読んでもう1度泣く、コレです。プレイしたら心置き無く聴けなくなるレベル。


一通り通常エンディングまで見た印象としては、まるで(良い意味で)邦画を見ているのような感触でした。澪と繭の関係性は最低限ムービーや台詞でポツポツと出て来るのみで、「思わせる」シーンが多いです。自ら想像し、推測しないと結末に置ける双子の選択に疑問視が出てしまうかもしれません(その辺りに感情移入出来るか否かもわかれます)。
基本、儀式や村の習わしも「書物」で読んでフムフム知って行くので、ある程度情報収集がゲーム中必要でした。探索する楽しみがあって面白かったです。

どうやらシリーズ中最も簡単であるという風の噂の通り、基本「どっか行ったお姉ちゃんを探すor村からの脱出方法を探る」といった目的が明確なので、今何をしたら良いか迷う事は無く、また作中は「紅い蝶」がヒントを示したりしてくれるので、道中は詰まずに済みました。


しかし射影機の使用は…中々難しく難易度イージーであるのにも関わらずビシバシ敵に叩かれ、作中の浮遊霊は逃しまくりしています。クリアがしたかったんです…ヌルゲーマーで許してつかぁさい…。


まあそんなこんなヌルゲーマーでも、村に伝わる陰惨たる儀式の習わしや、主人公澪と繭の2人だけの絆に魅せられて最後まで一応クリアー出来ました。クリアまでちゃんと出来たのは本当に久しぶりです…。
儚く、天野さんの主題歌も合わさって胸が締め付けられるような切ないエンディングは何よりも心に残ります。今は寒いので季節には合わないかもしれませんが、逸脱な和風ホラーゲームでありました。



テーマ : 零 -紅い蝶
ジャンル : ゲーム

あけましておめでとうございます。


1 のコピー
大晦日も仕事するハメになっていそうなジュンアスカ


新年あけましておめでとうございます〜。ナベです。無事2016年を迎える事が出来ました。それと2015年はいろいろとご無礼をお掛け致しました。酒場放浪記やら紅白歌合戦やらN響やらチャンネルを度々変えつつ年を越しました。


はてさて、Twitterでフォロワーの皆様の動向を見守りつつあると、冬コミ?等と言った同人誌やグッズ販売に精を出している方が多数いらっしゃって、大変そうだなーと思いました。
私も今年度は何かしら…一先ず時期が落ち着いたらグッズを試しに制作してみたいなーと目論んでいます…とは言うものの右も左もさっぱりなので大部苦戦すると推測しております。ラバストは難しそうなので、アクリルキーホルダーとか缶バッチとか…作って…みたいね…。

肝心のイラストについては、筆の遅さが地底界行きなもので、もっと速く描けるようになるのが今年の目標であります。オリキャラの方が最近描けていないので、いろいろ描きたいですね…。後、特撮関連の作品がどうにも途中で止まっているので、徐々に見たいです。
そしてデビルマン、デビルマンレディーは変わらず推し続けます。特にアニメ版デビルマンレディーは今年こそBlu-rayが発売することを期待しています☆公式様よろしくお願いします…。


2016年度もちょくちょくブログ、イラスト置き場のホームページ共々更新していきますので、今年度もよろしくお願い致します。ホームページの方に拍手を押して下さった方ありがとうございます!励みになっております。


テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

今年のあれこれ


iroiro.jpg
今年もいろいろあったなあ…。

ナベです。2015年も後少しとなりました。
今年度も様々なことがありました…。



・就職活動だった
大体これのせい。もう面接なんてしたくない。「就活を楽しんで下さいね☆」てあちこちで言われたんですが、楽しかった人いるんでしょうか。これのおかげで今年一杯あまり記憶がありません。
時に、自分の知らぬ地に行けて目線が広がったことは一番の利点だったと思います。もう一生行かねえけど!


漫画版デビルマンレディーを全巻読破した

2113646-lady8.jpg

此れが1位でもいいかもしれない…言いたくなってしまうことが山々あるので、別の記事で書いた方がいいでしょうかね…。
アニメ版見終えて、ゆっくり単行本を集めて、ついに6月下旬に全巻を読み終えました。本編はいろいろと途轍もないジェットコースターで脱線しつつ猛烈な勢いで、感想としては、永井豪先生ってジュンとアスカのこと一体どー思ってるの、というところでしょうか、ええ。途中と最後に明君が出ちゃった!


・星の子ポロンが凄い

pandakunn.png
星の子ポロンレビュー

全編電波が掛かったもの凄いアニメです。本編は約2分しかないので、気になった方は是非見て下さい。やはり全話見たい方が非常に多いそうです(ポロニストと呼ぶらしい)。
因みに私が好きなエピソードはパンダが強情を張って釣りを続ける回です。ポロンちゃんの一言はいちいち苛立ちがありますね。


・ハーモニー観た
3a5b8608a5be6c65db62b9ba45aa77fe.jpg

あまり映画館に頻繁に訪れてはいないものの(やはりチケット代1500円は高いのだ…)、今年観た映画で一番良かったです。尺の都合や原作との改変で、賛否両論のようですが個人的には大満足。結構ギャグを挟むアニメが最近多い印象だったので、今回ギャグ皆無のシリアス一遍の作品を観れたことだけでも貴重でした。監督がパルムの樹で有名な、なかむらたかし監督で最後のトァンのミァハに対する感情はちょっとだけ原作と改変しているようです。メリーバッドエンドでしたね…。



少しくらいの間違いは 生きてればそりゃあるだろう…。

主題歌の「Ghost of a smile」も非常に良かった。今や何度も聴いています。歌詞は、死別した幽霊の視点でしょうかね。本編見終えた後はポカーンとしてあまり歌に集中出来なかったもので、是非もう一度観てEDもしっかり聴きたいです。


・天野月が素晴らしい



今年「宇多田ヒカルが復帰する」というガセネタに心底ガックリと来てしまって(ファンとしては一刻も早く新曲をお目にかかりたいのです…)、前からちょっとだけ聴いていたテクモのホラーゲーム「零」の主題歌担当で馴染みの天野月子(現在は天野月)さんに耳を委ねる…という形に。鳥籠が一番のお気に入りです。

何となくですが、儚さや諦観した価値観?が宇多田ヒカルと通じるものがあると思います。両者とも日本語に品性を感じられるのが素晴らしい…。それにしても宇多田ヒカルさんの本当の復帰はいつ(以下略


・珈琲にうるさくなった
毎日コーヒーメーカーで珈琲を飲むようになりましたらですね…喫茶店の珈琲よりも珈琲専門店で買ってお豆を挽いて家で飲んだ方が美味しいし安上がりだなあ…ということになってしまいました…。
深挽きの苦めの味が好きなもので、喫茶店は酸っぱめ(グアテマラやモカを使っているのだろーか)が多いため、舌に合わないことがしばしば…といういちいちうるさい人間になってしまったのです…。ああ。


・迷惑メールが来ていない
ルイヴィトン財布も豊川ファイナンスも敦子メールも遠い遥か銀河の彼方のように思える…。過去、あれほど辟易していた迷惑メールが今年度はこれといって来ていないのです。どうした、業者共一体どうした!?狼狽えたか!?今年は不景気だったか!?おぉん!?(煽る)
とまあ、こんな感じに無視をし続けると直に来なくなるので、今迷惑メールでお困りの方はフィルタリングを設定、迷惑メール防止センターに取り敢えず報告(あまり効果があるとは言い難いですが)、後はガンスルーでいきましょう。


・ホームページを作ったよ。
今まで「作りたいなー」と思っていただけだったので、実際出来たことは喜ばしい…。もしかしたら、チコリータのギャラリーがいつか一番多くなるのでは…と危惧している。
最近、メッセージが気軽に送信出来ると名義のweb拍手たるものを設置させていただいたのですが、拍手が来ているととても嬉しいです。この場でもお礼を申し上げます。ありがとうございます!



なんか、就職活動と漫画版デビルマンレディーの2強で今年のことがまるっきり記憶にないのが、2015年度の特徴ですかね!


追記はTwitterで載せたイラストのことに関してちょっとだけ触れてます。

続きを読む

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

メリー・クリスマス…☆


CW-enz-UAAAnPhJ.jpg
チコはカブで帰る模様。

確か2年前にクリスマス記念のイラストを描いてブログの方に載せていたことを思い出しました。
皆さん、ハッピーメリークリスマス!

クリスマスと言えば高校三年生の頃、「ダンサー・インザ・ダーク」を見たことを思い出します。何故よりによってクリスマスに見たのか謎です。涙がちょちょ切れてティッシュ一箱使い切りました。

今日もミュージックステーションは長時間スペシャルを放送していましたね〜。ただ、最近哀しいことに、全編見るのが億劫になってきてしまっている…。高校生の頃は毎度はしゃぎながら見ていたというのに、何だか変わってしまうんですかね。まだ世代としては若い筈なのに、年を繰ったことを実感してしまいます。「BABY METAL」は偶然見れました、数分は短いでござる。


オマケにTwitterの方でも載せたクリスマスデビルマンレディーのジュンアスカ
CXEmXLzUMAAx76O.jpg

CXEmhQLUoAAMRur.jpg

CXEmrHqUkAE2-Ic.jpg

CXEm3NAUEAA1bTe.jpg

…本編ではこんな空気一切ないけど…。こんなにゆるゆるの絵を描いて良いのだろーか、いつかは背中刺されたりしないだろーか。
三コマ目のデビルカッター云々思い出してるのは、最終回の決め技です。お腹スッパリ一刀両断ですもんね…余程の切れ味…。因みにギガレディーの決め技は、翼によるデビルカッターが多かったですね。
時々、岩男潤子さんと嶋村カオルさんが反射的に「…ん?」と言う時があって、あれが何だか好きだったりします。

しかし、就職活動も終えたというのにリクナビやらマイナビやら朝学ナビやらの採用メールが留める事を知らずにやって来ます。クリスマスのこの日もやって来ます。半分迷惑メールと化してるような…まあメールは2秒でゴミ箱にボッシュートの作業ですね。


テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

鬼公子炎魔

   nnnn.jpg

今日紹介する作品は、2006年制作神戸守監督のOVA作品
「鬼公子炎魔」です。





あらすじ

炎を化生とした炎魔(えんま)の使命は、魔界より逃げ出した「魔」を狩ること。
そのためにパートナーの雪鬼姫(ゆきひめ)、情報収集担当であるカパエルと共に人間界で探偵をしていた。人間界のさまざまな事件に立ち向かう。





img753b4ccazikezj.jpeg
原作漫画では少年と少女です。

原作は巨匠永井豪の「ドロロンえん魔くん」で、このOVAは「もしも子供だったえん魔くんが大人になったら」がコンセプトとなっているものです。原作では子供だった登場人物が全員成長して大人になっており、それと比例するようにコメディ色も一切排した本格的ホラー作品になっております。


614lZ-YEf6L.jpg
1973年にはアニメ化もされています。脚本家は辻真先・上原正三等と豪華メンツ。何でもアニメ版はギャグよりも怪奇色が強くなっているのだとか。2011年には「Dororonえん魔くん メ〜ラめら」も制作。


キャラとコンセプトは原作から取り、話自体は完全オリジナル。OVAは全4巻です。1・2巻では話が独立しており、3・4巻は前編、後編と構成されています。



主要人物


炎魔
3.png
CV:徳本恭敏
青年に成長したえん魔君。炎を操る。閻魔大王の命令で人間界に逃れた「魔」を狩る。しばらくぶりに人間界にやって来たらしく、近代化した街並に1巻の時点では慣れていない風貌を見せ(雪鬼姫も同じく)、探偵として動くことにしている。今作ではダークヒーロー色が濃い。
幼馴染みの雪鬼姫の事を内心大切に思っているのだが、どうにも女癖がだらし無い面が見られる。その度雪鬼姫に氷づけにされるお決まり。



雪鬼姫
2.png
CV:千葉紗子
大人に成長した雪子姫。成長して名前を「雪鬼姫」に改名したらしい。炎魔には「雪ちゃん」と呼ばれている。氷・雪を操る。
炎魔の良きパートナーでもあり、彼に特別な感情も抱いている…のだが、女癖がどうにもだらしない炎魔にヤキモキしたり鬱憤が溜っている様子が伺える、若干思春期入り。
魔の取り憑いた人間に、同情心や憐れみを見せる面もある(炎魔はその辺りは逆にドライである)。



カパエル
nn.png
CV:佐藤せつじ
河童の妖怪。人間界に長らくいる様子でかなり馴染んでおり、キャバクラでバイトもしている。携帯でメル友のさっちゃんとよく連絡を取り合っている(メールが、作中の事件の情報源となる事も多い)。人情(?)に熱い性格で、人間のさっちゃんのことを大切に思っている人間味溢れる妖怪である。



シャポ爺
m.png
CV:長島雄一
「闇などいない人間などいない…」
炎魔の頭の上にいる帽子型の妖怪。かなりお年らしく、作中よく寝ている。が、勘の鋭さはピカイチで、魔の気配を度々察し、他のメンバーの行動を移させている。シャポ爺が稀に発する台詞が、物語の結末(オチ)を示唆さていることも多い。



主要人物4人が、人間界に蔓延り人に取り憑く「魔」をあれやこれやで探し出し、正体を現した所を取っ捕まえるのが物語の筋となっています。

特筆すべき点は人間界の、つまり日常の風景描写。ホラー色が強めと前述した通り、色彩は全体的にトーンが暗く、影も殆ど真っ黒で、日常風景も「今にも何かが出そう」と不穏にさせる空気が醸し出されています。ホラー映画顔負けの恐怖描写・音質にも注目です。

l.png

x.png

神戸守監督は「エルフェンリート」でとても有名な方で、エログロの筋道を随分とお鍛えになられたのか、今作でも視聴年齢制限必須のシーンが満載です(流石にエルフェンリートよりかはグロ描写は控えめになっているのですが)。
まあエログロ描写に関しては、原作者の永井豪御大も大得意とする分野でもあるので、大人向けの本作には必要不可欠な要素でもあるでしょう。



1.png

実はこの作品、一番要とも言えるのが人間界の話。つまり「魔に取り憑かれた人間の虚しさ」で、全編基本は様々な事情を持った為に「魔」に心を奪われてしまった 哀れな人間キャラが登場し物語を展開させていきます。
その為に、人間ドラマは中々ドロ暗く虚しく出来上がっている反面、逆に人間の出番が多いため炎魔達の出番がどんどん少なくなっていく点があるのです。

1〜2巻では、探偵として炎魔達があれやこれや裏で奮闘する様子も見られるのですが、3〜4巻に置いては、人間達中心にドラマが展開され、ラスト付近に正体を現した「魔」と対峙することになり、言わば狂言回しの存在(オチ担当)に近くなってしまっているのが特徴です。他の作品で例えると、笑うせぇるすまんの喪黒さんのポジションでしょうかね。

因みに、私は失礼ながらも「ドロロンえん魔くん」シリーズは全く触れていない、謂わば本作がシリーズの初見で、人間達ドラマや炎魔の立ち位置にも感心して見ていました。
ですが、少し調べた所によると、やはりえん魔くんシリーズは、炎魔と雪鬼姫2人の掛け合い・互いを想いやるコンビネーションが要ともなっているようで、ファンの方々からすると、あまり出番が多いとは言い辛い本作では物足りなさもあるようです。


oo.png

炎魔達の出番が少ない点では、初見の自分でもほんの少し思う事があります。
基本人間ドラマが中心に進む本作は、個々の物語のクオリティーは非常に高いのですが、別に「鬼公子炎魔」で特別やる物語ではないのかもしれない、と言う事。魔物(本作の「魔」)に取り憑いた人間の話ならば、「吸血姫美夕」でも「犬夜叉」でも違和感が無い話になるかもしれない。ニュアンスが違うならば、「デビルマン」でも「デビルマンレディー」のエピソードの一つでもおかしくないかもしれない。

やはりその辺りは、本作にしか出て来ないキャラの持ち味で、印象深さが変わって来ると思うので、炎魔達の掛け合いをもう一つ増やしていれば、ファンの方々も初見の私も、もっと満足のいく作品になっていたかもなーと思います。

kkkk.png

人間達のエピソードは誰も彼も徹底して救いがなくて、最後も思わずヒヤリ(内心、別に根は悪い人でもないのにこれはちょっと可哀想なんじゃないの…?とは思っている)。
「1度心を魔に委ねた人間は奈落に堕ちてしまう」メッセージ性もあったと感じました。夏の暑〜い時期にピッタリです(記事書いた現在では真冬なのですが)。


原作やえん魔くんシリーズ好き(特に主要キャラ2人)のファンの方は、消化不良の面もあるかもしれませんが、ホラーテイストの物語はとても完成度が高かったです。ホラーアニメが見たい方は是非。

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

プロフィール

ナベ

Author:ナベ
今年の抱負
「筆が早くなる」

基本まだらなブログ
映画、アニメ、お絵描きの記事が比較的多めです。
*趣味
お絵かき 
pixivもやってるよ
散歩 音楽と映画鑑賞
*Music
Perfume 宇多田ヒカル 天野月

リンク先の「Filmarks」「あにこれ」ではおなべ名義でレビューしてます。そちらもどうぞ。

twitter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。