スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼鉄の町


さっき映画を見ていました


『鉄男』という映画です


前もちょっとレビューしたんですが,そのオリジナル版で白黒映画です


監督は塚本晋也さんで主人公には田口トモロヲさんが熱演しています(今は終わったけど,プロジェクトXでナレーターを務めてた人)

SF映画好きなら見とけ と何処かで書いてあったので颯爽とチャレンジしてみました


このやけに落ち着いたテンションがなんか逆に怖いなあ


噂には聞いていたけど…ともかくエグイ作品で御座いました
ジャンルはSFホラーらしいんですが,まあ確かにホラーとも捉えられる
最初からもうなんか来るぜ的なオーラ丸出しで私は終始「怖いよー…」と言っておりました

 『鉄男』  ストーリー 
走ることに熱を注ぎまくっているらしい”男”(塚本監督自身が演技)は肉体改造をするが,自分の身体からある異変(このシーンでダメな方はもう見ない方が吉)が起こっているのに驚いて外に飛び出し,車に轢かれる
(ここまでがオープニングのようなもの)

ある朝,男(こちらが田口トモロヲさん)は自分の頬に金属片が飛び出ているのに気づく

そこからが”やつ”との戦いの始まり。
地下鉄では突然メガネをかけてる(+腕が明らかにおかしいことになっている)女に襲われ(”やつ”が遠隔操作している),自分の身体はだんだんと鉄に浸食されていく

そして男は ”やつ” と対決することになる の だ が・・・・




ぶっちゃけストーリーはないと考えたほうがいいです というよりもストーリーを深く考えちゃうと途中で投げてしまうかと;^^


突拍子もない展開で,また台詞も非常に少ないです うわああああ!! とか ちくしょおぉぉ!! とか さあ 来いぃぃ! とか そういう台詞はちょっとたくさん聞けますが,説明台詞はほぼ皆無と言っていいでしょう
それと人物に名前は出てきません お前 とか 貴方 とか そういう呼び方です



そういうストーリーがわけわかんなくて,何がスゴイかというと 映像 でしょうか

CGは使用しておらず,登場人物に度々鉄のようなモノがへばり付くのですがそれがすべて拾い集めた廃物を使用したSFX,  んんー・・・ あれらが全部生のものだとするとどれだけ時間をかけて撮ったんだろう…


ほとんどは男に浸食されていく鉄との戦い そして終盤の”やつ”との対決で見出したもの


フラッシュバックのようにチカチカと連続されるカメラ映像の移り変わりがまたなんともすばらすぃー
(エヴァンゲリオン…かな? でなんかよく使用されていた手法のようなもの)
白黒ならではの緊迫感とか 何が何だか,今どーなってるかわからない映像とか ストップモーションのような止め絵の連続とか
というか鉄に浸食されてもーた田口トモロヲさんとか 
(この方がプロジェクトXのあの「~だった」の言い方をしたナレーションの人だぁと思うとまたなんとも言えない)


なんか最近やたら映画にはCGを使っているけど,それに勝る力作でした
多分こんなに頭にガンガン来る映像はそう出来ないな と 監督さんの愛も最後には感じられました


ただやっぱり 怖いよー… ばーちゃん,怖いよー…(じゃあなんで見たんだと言いたい)

最初に書いたけど映像がともかくモノクロで不気味さMAX
そして男に浸食される様子…鉄に包まれていくのがエグイ 鋼鉄がこんなにもエグイものだなんて
なんで町に誰一人いねんだよ とか突っ込んじゃダメです
最後は全世界どうなったんでしょうね というかどうなるんだろう そんな終わり方




テーマ : カルト・ムービー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ。
初コメさせていただきます。

「鉄男」に興味があったので、ちょっと覗かせてもらいました。
自分、ものっすごい映像酔いするんですけど(グロいのはok)、そんな人でも見れますか?

ちなみに、アカデミー賞にもなった「ハート・ロッカー」は映像酔いして気持ち悪くなりました汗

コメありがとうございます こんばんわ。


「ハート・ロッカー」は見たことないんですが、「鉄男」においてはちょっと「クローバー・フィールド」みたいな、いかにも自分で撮りましたー!! という映像がチラホラ出てきます


画面は終盤ではわっけわかんなくなりますけど多分映像で酔う てことはないのでいけると思いますよ(´ー`)b

今度は2も見てみます(・3・)

プロフィール

ナベ

Author:ナベ
今年の抱負
「筆が早くなる」

基本まだらなブログ
映画、アニメ、お絵描きの記事が比較的多めです。
*趣味
お絵かき 
pixivもやってるよ
散歩 音楽と映画鑑賞
*Music
Perfume 宇多田ヒカル 天野月

リンク先の「Filmarks」「あにこれ」ではおなべ名義でレビューしてます。そちらもどうぞ。

twitter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。