スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナと雪の女王

28317386_convert_20140321141026.jpeg

今話題のディズニー映画「アナと雪の女王」を字幕2Dで観ました。




あらすじ

アレンデール王家の姉妹、アナとエルサはとっても仲良し。しかしエルサは生まれながらにして触れたものを凍らせてしまう魔法の力を持っており、過って妹のアナを魔法で傷つけてしまう。
秘密を隠したまま成長したエルサは、戴冠式の日、王女として即位しても力を隠そうとしていたが、アナとの衝突により再び力を発現してしまう…。





今作…美し過ぎる姉妹愛に泣いた。

正直ディズニーを舐めていた…。
歳とるにつれて子供心も消えていき僻みが出てくるのでディズニーのロマンティックなキラキラの世界に若干辟易していて、まー今回もいつも通り王子様が王女を助けるんだろうと思ったんですが、こんなエンターテイメントに徹した素晴らしい作品だったなんて…。
「風立ちぬ」を抑えてアカデミー長編アニメーション部門に受賞したのも納得いきます。


取り敢えずテンションが未だ高いままなので、ネタバレは避ける傾向で
とち狂う勢いで今回は「アナと雪の女王」をレビューしようと思います。
(以下酷い感想↓)














何と言っても外せないのがミュージカルでしょう。
「ディズニー=ミュージカル」の印象があるのですが、最近では控えめになっていました(何にせよ「魔法にかけられて」ではミュージカルそのものを茶化していますし)。

「最近のディズニーは歌わんなー」なんて寂しく思っていたのですが、そんなお悩みは吹っ飛びますので心配ご無用。
レディゴー♪でお馴染み「Let It Go」のPVの通り、今作はミュージカルが物語の主役として機能しています。

登場人物が気持ちのままを歌い上げ、映画を彩る、「白雪姫」や「美女と野獣」にあったあの頃のディズニーそのものです。音楽はポップ調になっていて取っ付きやすい。

「Let It Go(ありのままで)」はもちろん「雪だるまつくろう」「生まれてはじめて」いやいや全部クオリティが高いです。サントラがビルボード1位になったのも当然でしょう。日本語サントラも急遽発売決定した通り、松たか子と神田沙也加が歌う楽曲も素晴らしいです。ディズニーは話題集めよりも物語に見合った声優を抜擢してくれるので好感が持てますね。





イントロが綺麗ですねえ。エルサは1人で雪山まで走って来たのか…。
松たか子の「ありのままで」もリピートが止まらんでごわす。
この様に、英語字幕で観た人は次に吹き替えも観たくなる、またその逆も然りという魔力に掛かってしまうのであります。


そんなミュージカルとマッチする映像の美しさに思わずため息が出ます。
「Let It Go」のPVで氷の城を築き上げるシーン…劇場で観た時は感動しました。ここ観ただけでも劇場に行った価値があるなあと(もちろんそれだけではないです)。
画面が雪で覆われて真っ白でもビジュアルが美しい。氷の結晶はなんと1枚として同じものがないのだとか。そんな細かい描写力にも驚かされます。





また、ディズニーは毎度ながらキャラクターの表情の豊かさにも注目が行きます。この数分のシーンだけでも2人がどのような関係なのか、あれこれ想像出来てしまいます。ぎこちなさそうにしながら、少しずつ姉に近付こうとするアナが健気で可愛いですね。
エルサの度々の困り顔がタマランス!ということより、彼女の切ない心情がどことなく伝わってきます。説明調な台詞が少ないのは、キャラの表情や行間で読み取る映画的な表現が出来ているからなのではないかと考察。




魅力的なキャラクターをちょっと紹介しましょう。

95581_convert_20140321141003.jpg

明るく活発な妹アナと真面目でしっかり者の姉エルサの2人がダブルヒロインを張っています。この姉妹の性格が対称的で、姉妹「あるある」な所がとても良い。
アナは、ディズニープリンセスらしくじゃじゃ馬なおてんば娘。オードリー・ヘップバーン主演「ローマの休日」の王女に似てなるものがありますね。しかし、自分にそっけない姉に不満を募らせており悶々としているのです。


frozen_convert_20140321141120.png

エルサは、ディズニーに珍しい影のあるヒロイン。最初は雪だるま作ってはしゃぐ普通の女の子だったんですが、自分の魔法のせいで妹を傷つけてしまい、それ以来アナと距離を置くようになります。

超個人的な意見になりますが、私めは自分の力を制御出来ず「もう誰も傷つけたくないから…」と苦悩するキャラクターがとても好きです。こういった特殊な力に苦悩するキャラは、現代のアメコミ映画にも比較的観られる傾向です(例:ダークナイト、スパイダーマン)。日本のアニメにも然り。
最近放映された「塔の上のラプンツェル」のヒロインも、フライパンで悪党ぶん殴る勇ましいキャラですし、近年のディズニー映画はただのお姫様キャラではなく現代的なキャラクター像を描いているのが共感しやすいです。

アナも最初のうちは、出会って直ぐのイケメン王子と婚約するくらいの世間知らずっぷりなのですが、物語が進むにつれて「愛とは何か?」突き詰めていきます。キャラクターの成長も見所のお一つ。
アナとエルサ、どっちが好き?と友人に聞かれましたが、どちらかなぞ選べん、2人とも大好きです。


閑話休題となりますと、ヒロインの2人が滅茶苦茶可愛過ぎないのも、一般の方に受け入れやすい要素の一つかなと思います。日本のアニメのヒロインは、ビジュアルが美し過ぎる上クリエイターの理想像が結構出てしまっている気もするので、視聴する層が限られてしまうのも無理がないかもしれません。




多くの方が気になる点としては、展開がスピーディなことです。
恐らくファミリー映画向けなので、子供にも集中力が途切れる事なく物語に没頭出来るよう考慮したのだと思いますが、やはり目の肥えてしまった大人が観ると「もっと落ち着いてもいいのでは」と思ってしまうところです。
序盤のプロローグは、超ダイジェスト形式ですし、終盤は駆け足気味で登場人物の掘り下げも少なめになっています。妄想膨らむ奥深い設定はないので、ストーリー重視の方は物足りないかもしれません。


だが…!

1_6.jpg


今作では、「真実の愛」に重点を置いています。ディズニーももちろん(例:美女と野獣)数多くの映画が主題にしてきた普遍的な古き良きテーマなのですが、今作は「真実の愛」が今までとは違いディズニーお約束の枠を突き破った新しい結末になっております。これは是非映画をご覧になって下さい。

もうね、ナベは全編観て展開が早いとか粗捜しとかそんなチャチなもんはどーでもよくなって劇場で奮い立ちました。まごうことなき輝く愛の結晶に、ナベは感動の猛吹雪でスクリーンが見えませんわ。

ミュージカルと映像の美しさに満足出来る事は間違いなしです。
おもしろトナカイやキュートな雪だるま等の癒やし系キャラや、イケメン王子とか根は優しいトナカイ野郎とか、ベタな所も描きつつ、お約束だけではない新しいディズニー映画を製作してくれたことに大満足☆です。取り敢えずナベ的ディズニー映画ランキング1位は「アナと雪の女王」に即刻決定しました。

家族連れ、カップル、友人、お一人でもどんな層の方にもオススメ出来る作品です。是非ご覧になってください。







あにこれのレビュー
こっちも歯止めの一切利いていないレビュー。あにこれでは全然レビューがないことにビックリです。アニメ好きの方こそ観て欲しいですね。
ひゃほーい\(^o^)/アナと雪の女王バンザーイ\(^o^)/

テーマ : ディズニー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナベ

Author:ナベ
今年の抱負
「筆が早くなる」

基本まだらなブログ
映画、アニメ、お絵描きの記事が比較的多めです。
*趣味
お絵かき 
pixivもやってるよ
散歩 音楽と映画鑑賞
*Music
Perfume 宇多田ヒカル 天野月

リンク先の「Filmarks」「あにこれ」ではおなべ名義でレビューしてます。そちらもどうぞ。

twitter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。