スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれは誰だ デビルマン

  del_convert_20131015223631.png

永井豪原作の名作「デビルマン」。主人公、不動明が悪魔の力を手に入れ、人類を救おうとするストーリーで、漫画版では永井豪の徹底的に容赦しない酷い仕打ちのオンパレードが多くの読者に衝撃を与えました。
今までも数多くの作家さんが、デビルマンとコラボしていますが、新たに『NURO DEVILMAN』の連載が始まりました。


その『NURO DEVILMAN』を読めるのは雑誌ではなく、Webサイトです。小説形式で連載されているそうですね。作家は映画「ホノカワボーイ」の脚本やエイベック、インテルのCMを手掛けたクリエイティブディレクター高崎卓馬さん。


特設サイトでは、ハードコアバンドenvyのBGMが掛かり、オープニングムービーがいきなり始まります。モノクロを基調とした映像で、なんかヌルヌルしたのとか金属製のようわからんのが動き回っているのですが、恐らくデビルマンでしょう。途中に出て来る白い物体はサタンをイメージしているのでしょうか?

小説は、見せ方が非常に凝っています。不気味に響く風の音もムードがあるじゃねえか!

オープニングムービーの他に、現在ではプロローグと2つのエピソードが掲載されています。全13話構成らしいです。私も早速読んでみたのですが、舞台は現代で、不動明がやっぱり出てきます。が、今回不動明は女性みたいです。女性だったら何故名前を不動ジュンにしなかった!??と、私は叫びたかったのですが、アニメ版デビルマンレディーの不動ジュンとはまた違った「女版・不動明」となっています。ただ、美人さんということは共通しています。性格は似ているような部分もありますが、根本的に違います。

また、飛鳥了は男性として出てきます。飛鳥だから、多分不動明のことが好きなんだろうということは察せます。




「NURO DEVILMAN」はSO-netの高速ネットワークサービス「NURO」とのコラボレーション企画だったそうで、実写版CMも放送されています。
BGMはアニメ版の主題歌「デビルマンのうた」をドイツ語にアレンジしたものだそうです。男性はピエール瀧さん、女性は門脇麦さんがデビルマンに扮しています。

  333825_convert_20131015223605.jpg
  333828_convert_20131015223652.jpg







ふと、思ったのですが、何故デビルマンなのでしょうか。いやぁ、あっしは、デビルマン最近好きになったから、こういったコラボは嬉しくてタマランのですが、デビルマンとコラボしたいきさつが特設サイトに書いてないし、謎です。
CMも特設サイトも、インパクトがあって、気合いは入りまくっているのですが、世界覧がまだよくわからないですね。取り敢えず、制作者サイドがデビルマンが好きだというのはわかったけど。
CMはかっこいいけど、ちょっとバットマンぽく見えるのが残念かな。かっこいいけどね!


実写版もこのクオリティでやらば、また違ったデビルマンが出来そうな気がします。ちょっと見てみたいかも。
実写版は既にある?そんなもんは知らんな。

つまるところ、今後デビルマンレディーのリメイクに期待していいということだね!と勝手に解釈しました。これを機会に、デビルマンレディーの認知度が少しでも広がればなあ〜と思っています。後是非未完になっているOVAデビルマンの製作も手掛けて欲しいです。どちらもいい作品なので、もう少し陽の目に当たって欲しいです。



テーマ : デビルマン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナベ

Author:ナベ
今年の抱負
「筆が早くなる」

基本まだらなブログ
映画、アニメ、お絵描きの記事が比較的多めです。
*趣味
お絵かき 
pixivもやってるよ
散歩 音楽と映画鑑賞
*Music
Perfume 宇多田ヒカル 天野月

リンク先の「Filmarks」「あにこれ」ではおなべ名義でレビューしてます。そちらもどうぞ。

twitter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。