スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スノーホワイト

スノーホワイト主題歌ジャケ写(C)なし



白雪姫を題材にしたスノーホワイトという映画を見てみました。
去年結構話題になっていたので、早速DVDレンタル!


ストーリー
雪のような白い肌、血のような赤い唇、カラスのような黒髪を持つスノーホワイトは国民に愛され、家族とも王子ウィリアムとも仲良く平和な時を過ごしていた。

スノーホワイトが幼い頃、母は事故によりこの世を去ってしまう。
嘆くスノーホワイトの父に畳み掛けるように闇の軍隊が国に攻撃。
戦いの中でラヴェンナという女性と出会い、その美しさに虜にされ、彼女を王妃として迎えることにする。

だが、ラヴェンナは魔女だった。(以下女王)
スノーホワイトの父を殺し、国を乗っ取り、スノーホワイトは約10年間塔に幽閉される。
いつも鏡に「世でいちばん美しい者は誰?」と問いていたがある日、スノーホワイトこそが一番美しい美女になるだろうと返事が返ってくる。
女王は、スノーホワイトの心臓を取り、永遠の若さを保とうと画策するが
女王の弟がヘマやらかしてスノーホワイトは逃亡。
スノーホワイトは王国を取り戻そうと奮闘する。


  img_character_convert_20130304183430.jpg
登場人物は大体こんな感じ。
他にも女王の弟(アホ)、八人の小人が主要キャラとして出てきます。


全編見ましたが面白いです。
映像も綺麗だし、戦闘シーンも迫力あるし。
でも何故だかモヤモヤする…。
そこでいろんな方のレビューを見て
「ああなるほどそういうことだったのか」と納得しました。

以下はナベが気になった箇所、
モヤモヤの要因を中心にレビューしています。
ネタバレ注意!






・やっぱりシャーリーズ・セロンは最高だぜ!
女王役のシャーリーズ・セロンが文句なしのハマり役です。
本当に美しい顔立ちで、この人以外の女王は考えられません。
シャーリーズ・セロンは「イーオン・フラック」という映画で知りましたが
その映画ではクールビューティーでした。いろんな役柄をこなせて凄い。

そうした反面、スノーホワイト役のクリステン・スチュワートが色あせて見えてしまうような…
可愛いのですが、”美貌”といった点ではちょっと違う気もします。

俳優さんはともかく、キャラクターとしてスノーホワイトよりも女王の方が魅力的でした。


・主要キャラに表情の変化が乏しい

女の子はね
表情がなくちゃあ駄目なんだ
独りで静かで豊かで…

スノーホワイトもそうなんですが、殆どのキャラがあんまし表情がない気がしました。女王は感受性豊かだけど。
ともかく皆さん仏頂面が多いです。何故皆笑わないのでしょう。
ヘラヘラはしなくていいんですが、
盛り上がる所も悲しい所もしかめっ面されたら
こっちもどうテンション切り替えればいいか…。

そういった点では女王は表情豊かで、感情移入できました。
悪役だけど。


・主要キャラの魅力があまり感じなかった
感情の起伏がわかりづらい、ということは前述しましたが、
主要キャラにあまり感情移入が出来ませんでした。
仲間を置き去りにしていくというのは如何なものかと思います。


一番よくわからんのはウィリアム王子で、
途中スノーホワイトを探すために女王の弟と行動を共にします。
そのせいでスノーホワイトの所に敵がくることになり
小人が一人戦いに巻き込まれて死にます。


ウィリアム…
こんなこと…どうして…


そんなこともあってスノーホワイトとの再会シーンには何も感じませんでした。
エリックと交流もあまりなく、どういう立ち位置のキャラなのかもよくわかりませんでした。
因みにエリックもエリックで途中
スノーホワイトを置き去りにしてどっか行きます。
何故そんなことをするのか。


そういった点では女王はハッキリしてるので、感情移入できました。
悪役だけど。


・小人が怖い
いきなりエリックをぶん殴って、スノーホワイトと共に逆さ吊りにします。
小人ってこんな怖い集団だっけ…。
女王のせいで仲間がたくさん殺されて荒んでしまったのはわかりますが
そんなことをする種族ではないと私のゴーストが言っている。


スノーホワイトに好意を抱く可愛い小人もいるのですが
彼はウィリアムと一緒に来た女王の手下によって殺されます。
ウィリアムェ…。


終盤「ハイホーでも歌うか」という台詞がありますが歌いません。
何で歌わないのだ。お前ら本当に小人か。


・すごくジブリ的なものを見た気がする

  img_828024_31553563_3_convert_20130304183353.jpeg

神秘的な森の先にこの鹿である。映像は非常に綺麗です。
この監督さんはジブリが好きなのか、途中ハウルの動く城を彷彿させる場面もありました。


・妖精の見た目が

  SWATH-RandH-Comps-Fairies1.jpg

ロードオブザリングに出てくるゴラムっていう奴の小さい版に見えます。
まあ その なんだ
可愛く見えないんだ ナベには
妖精と言ってティンカーベルやナビィみたいなのを連想していた私が甘ちゃんだったのかもしれん。





といった具合でしょうか。
もう女王が主人公でもいいんじゃないかなと思いました。
女王陛下万歳!
スノーホワイトは2も制作中だそうです。

女王が再び出て来てくれたら嬉しいです。


テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナベ

Author:ナベ
今年の抱負
「筆が早くなる」

基本まだらなブログ
映画、アニメ、お絵描きの記事が比較的多めです。
*趣味
お絵かき 
pixivもやってるよ
散歩 音楽と映画鑑賞
*Music
Perfume 宇多田ヒカル 天野月

リンク先の「Filmarks」「あにこれ」ではおなべ名義でレビューしてます。そちらもどうぞ。

twitter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。