スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルヘンJIJII加入編


CIMG2844_convert_20130221230525.jpg


ドラクエ7で遂に
JIJIIことメルビンが仲間になった…ッ!!!




じっちゃんキャラ好きなナベにとっては何て得。俺得だろうか。

更に職業変えることによって、衣装も変わるなんて何てナベ得。


早速職業を「笑わせ師」に変更、そうしてJIJIIが、
「なめまわし」と「ひゃくれつなめ」を覚えるのであった。





以下ネタバレ注意です。
画像は荒々でございます。お許しください…ッ!





素敵なおじいちゃんメルビンと一緒に始めて訪れた村は、
神父さんが持ってきた女神像によって平穏が保たれている村。

何でもその神父さんはある日突然
村に記憶喪失の状態でやって来た方らしい。

(尚、神父さんはかなり良い方の様子。)

更にその女神像は、魔物を引き付けない特別な力があるとか。



CIMG2847_convert_20130221230842.jpg

そんな魔物を引き付けない女神像は何処の誰もが欲しがる訳です。
魔物が敵ではなく、人間が敵になるという始末。

ラグラーズとか言う国の連中が、最近やたら女神像を請求し、
遂には兵隊まで連れて来ちまった。
なんてこったい!



心の優しい神父さんは、自分が持って来た女神像のせいで
村の平穏が壊されてしまったと悔いります。


CIMG2848_convert_20130221230935.jpg


そこでツンデレ娘マリベルはこう発言。
今回の村は、マリベルが村人に対して色々発言するから面白いですね。
ツンツンしてるけど、根は決して腐っていないことがよくわかります。


何が言いたいかっていうと、マリベルが可愛いということです。


CIMG2849_convert_20130221231021.jpg

村のリーダーを率いるラズエル君は、こんな女神像があるから
争いの種はなくならない、魔物に襲われるようになっても、
人間に襲われるようになるよりよっぽどマシだと言い、
女神像を真っ二つにぶち壊します。



君はそういう人だからね。やると思っていたよ。





CIMG2850_convert_20130221231102.jpg


なん…だと…



自分の予想では、
キレた向こうの兵士が開戦だとかでも言うと思っていたのですが、
なんとラグラーズ国の人間は魔物だった、という。

邪魔な女神像を破壊するのを待って、人間らしく交渉し、
そしてこっちは騙されたわけです。

で、真ん中の「りゅうきへい」と戦うことになります。畜生でした。

戦う前にイベントがあり
神父さんが記憶を思い出し、主人公らとラズエル君を地下室に閉じ込めて
「君たちは若いから生き延びろ」と言い
魔物に一人挑んで死にます。

(ドラクエ4の五章のオープニングで出てくるシンシアに似てると感じました。
同じように主人公を助けて、彼女もまた死にます。)


因みに村人は魂を抜き取られただけで、
「りゅうきへい」を倒すと元通りになり生き返ります。
神父さんだけが死にます。



何その神父さんの結末。



なんだかドラクエ7の大体のモンスターって、
本当、可愛げが全くないんですよね。

狡賢いし計算高いし、有能なんですけど
憎たらしいことこの上なしです。
あっけなく騙される人間がもしかしたら悪いのかもしれませんが。

マチルダさんは…残念だった…。




一応「一件落着」という雰囲気でこの村のストーリーは終わりました。
神父さんだけは腑に落ちないですね。でも出来れば何処かで生きていて…
なんてご都合主義はこのドラクエ7ではありえないと思うし。



次は噂のルーメンだそうです。
希望がない国とルーメンの住民に紹介されたけど、
なんて返答すれば良いかわからないの。


テーマ : ドラゴンクエストVII -エデンの戦士たち-
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナベ

Author:ナベ
今年の抱負
「筆が早くなる」

基本まだらなブログ
映画、アニメ、お絵描きの記事が比較的多めです。
*趣味
お絵かき 
pixivもやってるよ
散歩 音楽と映画鑑賞
*Music
Perfume 宇多田ヒカル 天野月

リンク先の「Filmarks」「あにこれ」ではおなべ名義でレビューしてます。そちらもどうぞ。

twitter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。