FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が推すPerfumeCDジャケット


jya.png

Perfumeが今回のツアーでメジャーデビュー以降にリリーされたCDジャケットをアクリルバッジ化するグッズを出すようで。全67種でランダム封入で1回につき500円。
もし全種類揃える場合は、被ることなく入手出来たとしても最低33,500円かかる計算になるらしいです。なんて恐ろしいことをしやがる。ツアー?ツアーはまあ行けないね、もう何年も行ってないね!ああもう!


私のブログをもう長らくご覧になっている方は既にご存知と思われますが、Perfumeは3thアルバム「Δ-トライアングル-」からすっかり虜にされてCDを買い続けています。中には食指が動かないシングルもあったので全て買ってはいないものの、「Δ」のアルバム以降は大体CDが揃ってます。

このアクリルバッジを買うか買わないかは検討ついていませんが、もしバッジが手に入るならこのCDジャケットが欲しい推しジャケットを幾つか紹介します。Twitterではもう半端ない長文になってしまうのでもうブログで紹介させてください。ご了承下さい。






・不自然なガール/ナチュラルに恋して 初回限定版

41-z8tQupeL.jpg

…いやのっけから申し訳ない、完全に思い出補正が掛かってます。
というのも3thアルバム「Δ-トライアングル-」でファンになったと言っても過言ではない私だったので、Perfumeで初めて買ったシングルがこの「不自然なガール/ナチュラルに恋して」だったのです。しかもろくに好きなアーティストがいなかった事もあり、シングルで初回限定版なんて買う事もおそらくこれが初めてだったのです。
「あっひょ〜初めてCDシングル買っちゃった〜!ウッヒョ〜!」とうなぎ登りだったに違いありません。
因みにこのCDジャケットは表面にキラキラな加工がなされています。このCDからPerfumeのCDジャケ加工が凝りに凝り始め、後々に完全生産限定盤が発売する事になります。


gu.png

PVでは脚とぐったりしているのっちさんを崇める事ができます。


・Spring of life 初回限定版

41J1VlRzwiL.jpg

この綺麗に球体に入った三人!眠りにつく三人!透明感のある色彩!見事!見事な構図!
インタビューによると光る衣服は重く、大変暑かった模様です。

hqdefault.jpg

尚PVでは三人はコンセントが動力源のアンドロイドの設定で、最初は無機質だった三人が徐々に心が芽生えていくという超王道ストーリーかと思いきや、最後にコンセントを抜いたら自由の身になれるかと思いきや、動作停止してしまうという何でかわからんが不穏な終わらせ方でちょっとだけ話題になりました。
因みにこのPV、正式な続編はないのですが次のシングル「Spending all my time」はこのPVの序盤と似た無機質で無表情な三人が主役なのでもしかすると続編なのでは…?等と噂がありましたが定かではありません。


Spending all my time 初回限定版

UPCP-9002.jpg

PerfumeファンはこのPVで果たして何回妄想したか聞きたいです。
おじさまが考えたという女子校制服で超能力を駆使する三人の謎空間と若干の百合風味(個人の意見です)PVが炸裂するので是非見て下さい。初回限定ジャケットは超能力で静止した動きを捉えてるようで此方の方が好みです。


御託はいいから見るんだ!

曲自体は当時海外路線を少し考慮した曲でまだどういうパフォーマンスをするべきか定まってなくライブを通じて育てていきたい…との峰をあ〜ちゃんが話していた事を覚えています。今やライブのすっかり定番の「プロジェクションマッピング」を取り入れたライブパフォーマンスで方向性も定まりました。


・Cling Cling 完全生産限定盤

cl.jpg

完全生産限定盤、初回限定版、通常盤と何と三種類もあるようで。シングルといいつつ、シングル4曲、インストゥルメンタルを合わせると8曲も収録されているミニアルバムのようなジャケットです。PVは美術監督の種田陽平が中華街のような怪しく美しい素晴らしいセットが特徴です。他のシングルと全く被りがない独自の世界観がありますね。PV・ジャケットだと「Cling Cling」が一番好きかも。


clo.png

PV全体素敵な中、雑誌を読みながら何かしらを箸で適当に混ぜてグサグサ突き刺すあ〜ちゃんのシーンがほっこり具合があって好きです。


clll.jpg

あまりコレクター魂に乏しいため完全生産限定盤しか持っていないのですが、通常盤のジャケットも良いですね。世界観がしっかりしている為、服装も浮いてない印象です。


・If you wanna 通常盤

l_20180929195253e82.jpg

持っているのは初回限定版なのですが、此方の通常盤の雰囲気、好きです。
PVはPerfumeにしては珍しく(?)ジャケットと関連性はほぼなく、カプセルから目覚めるアンドロイドと思われるSFチックなものになっています。妄想が捗るSF路線のPerfumeが帰ってきた!



ここ最近のPVの中では一番好きです。ダンスも格好良い。





延々と長くなりそうなので以上にて締めとさせて頂きます。
Perfumeはジャケットも凝っているので、選ぶとなると難しいですね。

スポンサーサイト

テーマ : Perfume
ジャンル : 音楽

ちょびっと安室奈美恵メモリアル

20171129114338.jpg
finally買いました。買いましたとも。

今月16日についに引退を迎えてしまうシンガーソングライター安室奈美恵。辛い。もっと格好良い安室ちゃんを聴いていたい見ていたい。世間では安室さん=コナンくんに出てくる公安の人で大人気だが、こちらの安室ちゃん引退報道も一大事です。
本日23時〜24時には民放ラジオ101局特別番組「WE LOVE RADIO,WE LOVE AMURO NAMIE」も放送するということで、自分ならではも勝手に安室奈美恵ちゃんを少し振り返ってみようスペシャルを綴ります。


一応世代的に安室奈美恵はドンピシャな世代なのですが、私が学生の頃は偶然にも安室ちゃんブームはなかったようで実はあまりリアルタイムで見ていた実感がありません。じゃあ学生の頃ミュージシャンやシンガーソングライターって誰が流行ってたんだろう…と記憶を引っ張り出して思い出してみると、世界に一つだけの花……??浜崎あゆみ…??がなんか聞き覚えはあったような気がします。恐ろしく朧げです。



秋の風景がまた歌にあっています。

中学生の頃からラジオを聴き始めて、よく流れていたのが「Baby Don't cry」。この曲で安室奈美恵を知ったと言っても過言ではないかも。当初は良いリズムだな〜ベイビー歌ってるな〜とそんな感想でまあなんとなくMDに録音していますが、今聴くと温かい応援歌でとても良い曲だなあと思います。歳取ると趣向ってだいぶ変わりますね。



煩悩の神は本能の神なんだ…

そして安室奈美恵で初めて買ったシングルが「WILD/Dr.」です。黒ずくめのジャケットでダンスする安室さんに一目惚れして買ってしまったね、歌詞が一見は謎に満ちていますが少子化対策が裏テーマだそうです。
「Dr.」は全編アニメーションでAIぽい安室ちゃんがタイムワープして世界を旅する中々面白いPVです。


DefendLove1.jpg
que-1234275087.jpg
アニメーションもやけに気合が入っている。アムロも喋る。

因みにその「Dr.」のPVには続編があり、安室ちゃんとガンダムのアムロが夢のコラボをするPVで安室ちゃんがガンダムに乗ったり戦ったりもします。アルバム「PAST/Future」に収録している曲で発売時期PVは話題になっていましたね。

私の中ではアルバム「PAST/Future」の辺りが丁度高校生くらい…だったのでその期間の歌が聴く機会も大変多かったです。一時期ラジオも殆ど聞かない時期があった為(今思うとなぜ聴かなかったのか、不可解です)正直ここ1年でこんなアルバムも発売していたのか、等々知ることばかりです。今聴いてもスタイリッシュで格好良い曲が多いですね。



「Fashionista」は最近のマイブーム。引退は本当に惜しいですが、作品は残り続けるのでこれからも聴いていきたいですね。でもライブは(途轍もない倍率だったらしいけど)一度行ってみたかったな…。

テーマ : 安室奈美恵
ジャンル : 音楽

オーシャンズ8観ました。




ブログもぼちぼち復活させていきたいので取り敢えず観た映画の感想から始めます。
ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンら超豪華キャスト集結した犯罪チームの爽快活劇「オーシャンズ」シリーズ。の今回はなんと女性版。

前作シリーズ主人公ダニー・オーシャン(俳優はジョージクルーニー)の妹(いたのかとは敢えて言わない)が今作の主人公。世界最大のファッションの祭典“メットガラ”に潜入しお宝を頂戴するというお話であります。




あらすじ

ダニー・オーシャンの妹、デビーは5年8ヶ月の服役の末に刑務所から出所した。出所時の面接で「二度と犯罪はしない。普通の生活を送りたい」と言っていたデビーだったが、出所後次々と服飾品を盗み出していった。

デビーはファッションの祭典、メットガラで高級な宝石を一挙に盗み出すという計画を立てていた。壮大な計画を実行に移すべく、デビーは次々と仲間を見つけていったが、彼女の目的は単に宝石を盗み出すことではなかった。

Wikipediaより引用




感想

201807260000000view.jpg

全員顔が良い。画面がいい。気持ちが良い。

豪華キャストで送るこの映画は女優陣の顔が良い。画面が映える映える。そんな服着るのか〜!と着ている服もベストマッチング。


20180810-oceans8-02-950x632.jpg
治安が良いアトミック・ブロンド。
自分はシャボン玉吹いているシーンがお気に入りです。

まあ取り敢えずこの主役のサンドラ・ブロックと右腕のケイト・ブランシェットのツーショットを見てくれ。Twitter見ているとこの二人が人気な理由もよくわかります。
ケイト氏の服装本当に見ているだけで楽しいです。何故そんなに着こなせるんだ…と感銘を受けます。


OCEANS8_sub5-2.jpg


普段は慎ましく生活を送っていながら超一流の才能を持っているメンバー達も個性的。一人一人しっかり役割があり、活躍する場面もあります。
また女性陣が主役の作品に多く見られる啀み合いや裏切り、色恋絡みの嫉妬などドロドロした要素は全くなかったのも好印象。ハッカーやスリ、ジュエリー職人等全員特技は異なっており「あいつはすげぇよ…」などちゃんとお互いの特技も認め合っているのも良いなあと。悪口言い合って卑下する場面も過度な下ネタトークもないので見ていて気持ちの良いです。


k.jpg


因みに私が好きなのはハッカーのナインボールさん。ハッキング能力はピカイチ。
演じてるのはリアーナで、リアーナというと歌手のイメージが非常に強かったのですが、見事に演じていました。今作以外にも「バトルシップ」「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」にも出演しており女優としての活動もなさっているようでした。


あなたのリアーナはどこから?私はumbrella(feat.JAY-Z)から…
今でもラジオでよく掛かっています。これを機にアルバム聴いてきます。



近い記憶だと、「Only Girl」がよくMTVで流れていました(今はMTV解約しています)。
お花や花火と戯れるリアーナちゃん可愛いです。


正直強いメッセージ性や大どんでん返しや二転三転する目紛しい展開はないので、捻った展開を期待はすると肩透かししてしまうかも。しかしクールでスタイリッシュなクライムエンターテイメントで娯楽性の強い本作は見終わった後とても清々しく楽しませてもらいました。前作シリーズも殆ど見たことがなくとも、知っているとニヤッとする絡み程度なので今作がシリーズ初めてでも問題なく楽しめると思います。
ここ最近暗くて陰惨な作品見ると塩昆布になる傾向があったので、スカッとする映画はやはり良いですね。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

お久しぶりです。

    tttttt.png


以前の更新がなんと2016年…??という事で約2年ぶりに更新します。お久しぶりですナベです。

Twitterでは健在ですがブログはすっかり放置気味でありました。しかし過去に綴りに綴った記事も沢山あるし閉鎖するのももったいないかなあ…と思いきり、折角ブログの方もあるのでまたゆっくりこちらの方も更新しようと思います。Twitterだと中々まとまった文章が書けなかったり、どうにもリツイートやイイネ!をちょこちょこ気にしてしまう事があるのでまた初心に戻ってブログも復活をさせたいです。

ただ以前はかなり長文の記事で書くのも多く、数日かけたが思った記事が書けんかった無理ぽ…とメゲた事もあったので、今後は出来るだけ短めの記事の方針にしようかと思います。肩を張らずジャンルはまあ気になった事をポツリポツリと書けたら…と思います。宜しくお願い致します。

デビルマンレディーのサントラ買いました。


Cn9qFVzUsAARXQy.jpg

アニメ版デビルマンレディーのサウンドトラックをAmazonの中古で購入致しました。見かけたCDショップを寄ってはレディーのサントラ置いてないか探り早い所何年化経ち、多分中古で見つかる割合は0.01%位しかないような気がしたので思い付いた近頃購入。
どうやら新品はプレミア価格が付いているようなので、中古で野口さん4枚を犠牲に…しかしとても聞き応えのある音楽ばかりでした。


音楽を担当なさった方は渡辺俊幸氏。さだまさしのプロデューサーを務めたり、平成モスラシリーズ等特撮音楽も手掛けたり、なんと報道番組NHKニュースの音楽も担当なさっていたりと、幅広い分野でご活躍なさっているようです。
Wikipedia参照


以下は楽曲の中で私的に印象に残ったものをレビュー。
最終回に触れるレビューもあるので、以下本編のネタバレ注意です↓






【メインテーマ】


OPだけでもどうぞ。何故か1話の半分が無料だよ!どうせだったら全部無料にしてほしいですね。

大変おどろおどろしいOP。初めて見た時は真っ黒背景と赤のタイポグラフィと止め絵に歌が重なり、不気味で怖いなあ〜なんて思ったりもしたのですが、アニメ版レディーは先ずはこのOP曲でしょう。段々中毒性が出て来て(個人的見解です)本編を見る時に飛ばさずにはいられなかったです。
しかしこのコーラスはどういった歌詞なんでしょうか…。CDには何とコーラス版、コーラスなし・アカペラ版の三連弾がトラックで収録されており数日は耳にこびり付く事間違いナシのバリエーションです。


【孤独】

ナベ的にデビルマンレディーを表す曲を選ぶのなら、先ずはメインテーマと、一つは激闘(第3段階)、もう一つはこの「孤独」の楽曲だと思っております。デビルマンとなってしまった不動ジュンの抱え込む不安、後々四面楚歌状態となり孤独に闘い続ける姿を表しているかのようです。

CaI4fafUEAIIxRW.jpg
作中だと、最終回で地獄で和美と再会する時に掛かっていました。脳内に台詞再生が余裕です。印象的な場面で使われる事が多い楽曲だったりします。


【想出】

CR7ljQsVAAEG4GW.png
どこかドラクエっぽい

7話「霧」回のみに使われてしました。幼少期のジュンが祖父に、霧の日に表れる死神について聞かされている時に流れる音楽です。タイトルは「おもいで」…でしょうか、作中回想の場面や家族の事柄に関しては僅かながらにしか触れられないのですが、ジュンにとっては祖父と暮らした日々は大切な想い出だったのでしょうね。


【優しさ】

あおいと再会する場面や、22話で和美と初めて逢った時を回想する場面に使われた曲。重厚な楽曲が多い中、温かみのあるトラックです。特に22話では、ジュンと和美のお互いの想いがようやく通じ合う時に流れた楽曲だったので、これまた印象深いです。これで泣こう。


【アスカ】

Chntjp_UUAEr4d5.jpg
アスカが初登場する時に使われた曲。感情を覆い隠しているかのような妖しく冷たい、アスカをよく表している曲だなあと。

ChntktvUkAAEnGL.jpg
余談なのですが、初めて逢ったときと2回目に倉庫に連れて行く際、服装が変わっているのはお粧しなのでしょうか。


【デビルマンレディーのテーマ】

he.png

二種類(コーラスなしも含めると四種類)あります。1はテンポが早め(OPに近い)、2は若干テンポがゆっくりめです。
3話でジュンが暗闇の中で変身する時に使われていたのが印象に残っています。闇の中で闘う姿にピッタリな楽曲。


【激突-第3段階-】


ニコニコにも挙がっています。

どうやらスカパー、ケーブルテレビで視聴出来る「J-Sports」のサイクルロードレースの番組でも使われいるそうです。Amazonレビュー曰くこの曲目当てに購入なされた方もいらっしゃるとか…。陰鬱気味で不気味な楽曲が多い中、ヒロイックで勇ましい音楽です。ギガイフェクトしたレディーがビーストを返討ちする時に使われるので処刑用BGMっぽいです。

gi.png
最終回のラスボス戦でも使われていました。デビルマンレディーのアニメ版は確かに欝欝しい展開が多いのですが、盛り上がる展開もキチンと持ち合わせているのが良いと思うのです。


【ミッション】

本編を見終わった後にレディーのスタッフ一同を調べていると、実は平成ウルトラマンのスタッフとかなり被っていることがわかりました。巨大化して闘ったり、特務隊のサポートがあったりと、何処と無く特撮の要素が見受けられるのはその影響もあるのかもしれません。
改めてこの「ミッション」という音楽を聴くと、ウルトラマンやゴジラシリーズで軍の出動準備をする際に使用されていそうだなあと思います。


【荒廃した世界】

大体物語の〆、結末が訪れる時に流れるもうどうしようもねえ…と言わんばかりな鬱憤な音楽。
「心」回でアスカを殺しに行く事を悟るラストシーンで使われているのをよく覚えているのですが、この音楽を聴くと、始め(ほんの序盤)は普通の暮らしをしていた主人公がどうしてこんなに闘いに巻込まれてしまったんだろう…と耽てしまいます。本当にもうどうしようもねえ…としか思えなくなります。いや、まあ大体ジュンを選んでしまったアスカに原因があるのですが。


【安息の時】

yasu.png

これも記憶によく残っている楽曲です。
今まで対峙していたアスカとの関係を清算したジュンが、荒廃した大地の上で独りでアスカの事を想う場面です。あれだけ憎しみ続けていたのに、最後の最後はアスカの気持ちに気付けたように穏やかな口調で呟くジュンを見ているともうダメです。初回見ていた時、この場面が強烈に頭に残ってしまいました。
地球が滅亡する結末を迎えた原作デビルマンと対称的に、救いや希望のある結末を迎えたアニメ版レディーですが、主人公の不動ジュンは報われた部分もあれば報われていない部分もあるような気がします。


【哀歌】【寂寥】【哀愁】

この3つがほぼ連続で収録されているので聞いてると本編で陰惨な場面を思い出してツライ。哀愁は22話のラストシーンで使われていたのでこれもまたもうどうしようもねえ…気持ちになります。






レビューは以上となります。ホラー要素や、主人公の内向的な性格や90年代独特の終末世界を表したような暗く重々しさのある楽曲が多かったです。中々に重々しい音楽が中心に収録されているので万人向けとは言い難いのですが、その中には優しさのある穏やかな音楽もあり、ヒロイックな戦闘曲もあり、デビルマンレディーの世界観を彩ったアルバムとなっております。アニメ版に心惹かれている方には是々非々オススメです。
中古ならAmazonさんでまだ在庫があるのでお早めにポチッとご購入下さい…。


<余談>




因みにサントラを買う前、デビルマンレディーのイメージソングとも謳われている岩男潤子さんの「那由多の夢」という歌に聞き惚れてしまいました。不動ジュンがまるで朧げな夜に1人で歌っているかのようです。アニメ版を見た方にもオススメです。サントラを聴いた後に「那由多の夢」を聴くと倍プッシュでアニメ版レディーの陰鬱な世界観に浸れること間違いナシ!

同時に岩男潤子さんの歌声にすっかり虜にされて岩男さんのCDアルバムを買ってしまっていたのでした。この「那由多の夢」に近い楽曲なら「スカーレット」「晩夏」が大変オススメを致して余談を締めたいと思います。


テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

プロフィール

ナベ

Author:ナベ
基本まだらなブログ
映画、アニメ、お絵描きの記事が比較的多めです。
ゆっくり更新します。
*趣味
お絵かき 
pixivもやってるよ
散歩 音楽と映画鑑賞
*Music
Perfume 宇多田ヒカル

twitter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。