スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビルマンレディーのサントラ買いました。


Cn9qFVzUsAARXQy.jpg

アニメ版デビルマンレディーのサウンドトラックをAmazonの中古で購入致しました。見かけたCDショップを寄ってはレディーのサントラ置いてないか探り早い所何年化経ち、多分中古で見つかる割合は0.01%位しかないような気がしたので思い付いた近頃購入。
どうやら新品はプレミア価格が付いているようなので、中古で野口さん4枚を犠牲に…しかしとても聞き応えのある音楽ばかりでした。


音楽を担当なさった方は渡辺俊幸氏。さだまさしのプロデューサーを務めたり、平成モスラシリーズ等特撮音楽も手掛けたり、なんと報道番組NHKニュースの音楽も担当なさっていたりと、幅広い分野でご活躍なさっているようです。
Wikipedia参照


以下は楽曲の中で私的に印象に残ったものをレビュー。
最終回に触れるレビューもあるので、以下本編のネタバレ注意です↓






【メインテーマ】


OPだけでもどうぞ。何故か1話の半分が無料だよ!どうせだったら全部無料にしてほしいですね。

大変おどろおどろしいOP。初めて見た時は真っ黒背景と赤のタイポグラフィと止め絵に歌が重なり、不気味で怖いなあ〜なんて思ったりもしたのですが、アニメ版レディーは先ずはこのOP曲でしょう。段々中毒性が出て来て(個人的見解です)本編を見る時に飛ばさずにはいられなかったです。
しかしこのコーラスはどういった歌詞なんでしょうか…。CDには何とコーラス版、コーラスなし・アカペラ版の三連弾がトラックで収録されており数日は耳にこびり付く事間違いナシのバリエーションです。


【孤独】

ナベ的にデビルマンレディーを表す曲を選ぶのなら、先ずはメインテーマと、一つは激闘(第3段階)、もう一つはこの「孤独」の楽曲だと思っております。デビルマンとなってしまった不動ジュンの抱え込む不安、後々四面楚歌状態となり孤独に闘い続ける姿を表しているかのようです。

CaI4fafUEAIIxRW.jpg
作中だと、最終回で地獄で和美と再会する時に掛かっていました。脳内に台詞再生が余裕です。印象的な場面で使われる事が多い楽曲だったりします。


【想出】

CR7ljQsVAAEG4GW.png
どこかドラクエっぽい

7話「霧」回のみに使われてしました。幼少期のジュンが祖父に、霧の日に表れる死神について聞かされている時に流れる音楽です。タイトルは「おもいで」…でしょうか、作中回想の場面や家族の事柄に関しては僅かながらにしか触れられないのですが、ジュンにとっては祖父と暮らした日々は大切な想い出だったのでしょうね。


【優しさ】

あおいと再会する場面や、22話で和美と初めて逢った時を回想する場面に使われた曲。重厚な楽曲が多い中、温かみのあるトラックです。特に22話では、ジュンと和美のお互いの想いがようやく通じ合う時に流れた楽曲だったので、これまた印象深いです。これで泣こう。


【アスカ】

Chntjp_UUAEr4d5.jpg
アスカが初登場する時に使われた曲。感情を覆い隠しているかのような妖しく冷たい、アスカをよく表している曲だなあと。

ChntktvUkAAEnGL.jpg
余談なのですが、初めて逢ったときと2回目に倉庫に連れて行く際、服装が変わっているのはお粧しなのでしょうか。


【デビルマンレディーのテーマ】

he.png

二種類(コーラスなしも含めると四種類)あります。1はテンポが早め(OPに近い)、2は若干テンポがゆっくりめです。
3話でジュンが暗闇の中で変身する時に使われていたのが印象に残っています。闇の中で闘う姿にピッタリな楽曲。


【激突-第3段階-】


ニコニコにも挙がっています。

どうやらスカパー、ケーブルテレビで視聴出来る「J-Sports」のサイクルロードレースの番組でも使われいるそうです。Amazonレビュー曰くこの曲目当てに購入なされた方もいらっしゃるとか…。陰鬱気味で不気味な楽曲が多い中、ヒロイックで勇ましい音楽です。ギガイフェクトしたレディーがビーストを返討ちする時に使われるので処刑用BGMっぽいです。

gi.png
最終回のラスボス戦でも使われていました。デビルマンレディーのアニメ版は確かに欝欝しい展開が多いのですが、盛り上がる展開もキチンと持ち合わせているのが良いと思うのです。


【ミッション】

本編を見終わった後にレディーのスタッフ一同を調べていると、実は平成ウルトラマンのスタッフとかなり被っていることがわかりました。巨大化して闘ったり、特務隊のサポートがあったりと、何処と無く特撮の要素が見受けられるのはその影響もあるのかもしれません。
改めてこの「ミッション」という音楽を聴くと、ウルトラマンやゴジラシリーズで軍の出動準備をする際に使用されていそうだなあと思います。


【荒廃した世界】

大体物語の〆、結末が訪れる時に流れるもうどうしようもねえ…と言わんばかりな鬱憤な音楽。
「心」回でアスカを殺しに行く事を悟るラストシーンで使われているのをよく覚えているのですが、この音楽を聴くと、始め(ほんの序盤)は普通の暮らしをしていた主人公がどうしてこんなに闘いに巻込まれてしまったんだろう…と耽てしまいます。本当にもうどうしようもねえ…としか思えなくなります。いや、まあ大体ジュンを選んでしまったアスカに原因があるのですが。


【安息の時】

yasu.png

これも記憶によく残っている楽曲です。
今まで対峙していたアスカとの関係を清算したジュンが、荒廃した大地の上で独りでアスカの事を想う場面です。あれだけ憎しみ続けていたのに、最後の最後はアスカの気持ちに気付けたように穏やかな口調で呟くジュンを見ているともうダメです。初回見ていた時、この場面が強烈に頭に残ってしまいました。
地球が滅亡する結末を迎えた原作デビルマンと対称的に、救いや希望のある結末を迎えたアニメ版レディーですが、主人公の不動ジュンは報われた部分もあれば報われていない部分もあるような気がします。


【哀歌】【寂寥】【哀愁】

この3つがほぼ連続で収録されているので聞いてると本編で陰惨な場面を思い出してツライ。哀愁は22話のラストシーンで使われていたのでこれもまたもうどうしようもねえ…気持ちになります。






レビューは以上となります。ホラー要素や、主人公の内向的な性格や90年代独特の終末世界を表したような暗く重々しさのある楽曲が多かったです。中々に重々しい音楽が中心に収録されているので万人向けとは言い難いのですが、その中には優しさのある穏やかな音楽もあり、ヒロイックな戦闘曲もあり、デビルマンレディーの世界観を彩ったアルバムとなっております。アニメ版に心惹かれている方には是々非々オススメです。
中古ならAmazonさんでまだ在庫があるのでお早めにポチッとご購入下さい…。


<余談>




因みにサントラを買う前、デビルマンレディーのイメージソングとも謳われている岩男潤子さんの「那由多の夢」という歌に聞き惚れてしまいました。不動ジュンがまるで朧げな夜に1人で歌っているかのようです。アニメ版を見た方にもオススメです。サントラを聴いた後に「那由多の夢」を聴くと倍プッシュでアニメ版レディーの陰鬱な世界観に浸れること間違いナシ!

同時に岩男潤子さんの歌声にすっかり虜にされて岩男さんのCDアルバムを買ってしまっていたのでした。この「那由多の夢」に近い楽曲なら「スカーレット」「晩夏」が大変オススメを致して余談を締めたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

ピッシブ



お久しぶりです。ナベで御座います。すっかり放置して本当に申し訳ない。
地道にpixivの方にアップをし続けていたデビルマンレディーのまとめログがついに…ブックマーク数20になりました…!わーわー!どんどん!ぱふぱふ!

数字だけでは計れるものも限られるので、あまり気にしてばっかりでも如何なものですが、以前の記事であれこれ綴ったように、入会したての初めの頃は閲覧数16ブクマ0はザラだったので、「もうお1人にでもお気に入りにいれてもらえればそれで良いやぁ……」と割と本気で思っていたもので、こんなに多くの方にポチッと…ブックマークに入れて頂いて本当に感激です。Twitterの方でもいいねやリツイートポチッと押して頂いて描いてると支えになっているのです。本当にありがとうございます。


本当のことを言うと、pixivの方にはもう少し頻繁にレディーのログを挙げたいと些か考えているのですが、何のジンクスなのか段々一つのログに付き投稿している枚数が増えて行っている現象があります。最新が71Pで次はそれ以上…にするのか、それとも気にせず投稿すればいいのか迷走をしています。


あと余談となるとホームページの方もブログをたま〜に綴っていつかの記事に書いたのですが、まさかTwitterの方で偶然に零シリーズのイラストを無断転載をされているを見付けてしまって、それ以降は一応絵の端っこにサインを一丁前に描くようにしています。はえ〜〜実際あるもんなんだな〜と…ちょっと吃驚です…。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

ホームページでブログ始めました。


3.jpg

Onabe no Okibaです。よろしくお願いします。

すっかり放置していて申し訳ありません!ナベです。
前々からこちらのブログの方でアナウンスしていたイラスト置き場にしているホームページですが、近々ホームページの方でもブログを始める事にしました。


ブログ…とは言いつつ、決して大掛かりなものではなく挙げたイラストに関して一言絵日記のような形式を取っています。以前からちょくちょくこちらの方でまとめていたイラストに関する記事、作品に関する雑多な内容はホームページの方に綴る形式にします。
しかし今のところ、一言絵日記にするで〜と言ったものの、文章が早くも膨大になっているのはどうしてなんでしょうか、喋り足らないということなのでしょうか。


以前ホームページを作った際の記事と重複する経緯でもあるのですが、今回一言絵日記を始めようと考えたのは、日々利用しているTwitterで作品に関して感想も呟くと、たった数日で情報の海に流されて何処かへ行ってしまうあまりの情報量の早さに、些か虚無感を覚えることがありまして…(またかよ)。
気軽に呟けて即興性があるのがTwitterの強みでもありますが、どんな内容も埋もれやすいのが弱みでもあるかなと最近感じます。長い目で見ると、ブログの方でコマコマ記事を書いた方が、何か作品を知って貰う際には良いのかもしれません。


クルクル回る風車さんと及びこのブログ更新が遅い傾向になっていますが、これまで通り続けて行くので今後共々よろしくお願いします。


テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

英語デビュー!迷惑メール


i320.jpeg


ナベです。
今日は久しぶりに迷惑メールの記事となります。もうこれっきりしたかった
ガラケー所持時代、狂ったように送信されて来た迷惑メールも、iPhoneに変えてから灯火が消えたかのように来なくなりました。

しかしつい先日、リンゴ会社の回し者か何かかと思われるメールを受信。不審に思い、検索をかけてみると近頃流行っているらしい英文の迷惑メールだそうです。ついに此方に来る迷惑メールも一丁前にグローバル化に対応したようです(来んでいい)。

というわけで早速、私の元に来た英文の迷惑メールをご紹介します。








Unpaid invoice#70023968

Dear Client.

According to the
reconciliation of the Department of Finance
there are the arrears
following your client
account totaling in
$217,95.

We attach the last unpaid
invoice #70023968 to this
letter and kindly ask you
pay it off until march 31.2016.

Please check out the file
and do not hesitate to pay
off the debt. We look
forward to your
reasonableness.





うわあ、すごくそれっぽい。
思わず「え、何かサイトで買い物でもしたっけ…」とふと考えさせる。恐らく日本語にしたらしょうもない文章でも、英文にし直すとまるで抑圧力が増したかのような小癪な手法。簡単に「Finance部によると未払い金があるから、請求書送るわ。2016年3月31日までに払えよ」ってところでしょうかね。
日本語だと「500万!払え!」と言った「明らかにそんな高額はないだろう」と直ぐに察知が利くものですが、日常では取っ付きどころが少ない(人によりけりですが)「ドル単位」で示す事により「もしかしたら…」と思わせる辺り、手法が狡いです。



件名で書かれている「invoice」とは「請求書」「送り状」のことを差します。俗にいう架空請求メールです。
どうやら近頃では不特定多数に似たような英語のメールが出回っているそうです。


そこまでならいつも通りガンスルーしていたのですが、今回は目を引くことに英文メールにZIP形式の圧縮ファイルが添付されています。
英文から読むに、「このファイル見て確認しろよ」ということなので、押しちゃうところなのですが、以前迷惑メールのレビューで記述した通り、相手側は此方がURLを開かせる・返信させることにより不特定多数ランダム送信しているメールアドレスが生きていることがわかってしまいます。その後更に迷惑メールが送られてくることになってしまうので、絶対にファイルを開いてはいけません。ガンスルーで問題無し!!!


更にタチが悪いことWindowsパソコン上で起動するとPCが死ぬ事案が報告されているので、くれぐれも絶対にファイルを開いてはいけません(2度言う)。※Mac OS、Andorid/iPhoneスマホ、ガラケーは動作しないようです。前田淳子ちゃんに比べても全く可愛げがありませんね。失格。

詳しい内容は此方のブログを参照して下さい。↓
超注意invoice迷惑メール JSファイルはウイルス! TeslaCrypt/Lockyランサムウェア感染




もう一通来たので此方も紹介。





Order reference #51127625

Dear Customer,

We apologize for the
troubles with your parcel
#51127625 and can assure
you that this mistake wii
not be happening again.

Please,check the information on this case in
the attachment.

Taking in consideration
the problem on your order
we also included info on
your bonus of $231,31,
which you may use during
your next order.





要約:金払え。

E696ADE3828BbyE382B4E383ABE382B4EFBC91EFBC93.jpg

更に更に、このメールにはWord文章ファイルが付いてる手口で、「そちらを開いて確認してね☆」という英文通りに乗ってMicrosoft Wordで開いてしまうと、不正なマクロ処理が発動し、外部から実行ファイルをダウンロードしてきて感染する報告がされています。

詳しい内容はこちら↓
超注意invoice迷惑メール ワードdocファイル起動でウイルス感染被害!



感想

う〜む…どうやら調べたところによると、暗号化したファイルを添付して身代金を要求→ファイルを開くとウィルス感染する英語の迷惑メールが多く出回っているようです…(多くはWindows向け)。
前々の前田淳子ちゃんの「待ってます♡」とかルイ・ヴィトンの財布落としましたよとか一周回って笑える迷惑メールに比較するとかな〜り悪質です。ゆ”る”さ”ん”!

もしiPhoneの方で間違えてファイルを開いてしまったら、(恐らく感染はしないと思われますが)迷惑メールに設定・受信拒否にする・ガンスルーする、最悪メアドの変更等対応をしませう。
(因みに私はガンスルーしてたら来なくなりました。)


因みに、Apple Storeを騙るスパムメールも出回っているようです。何時間以内に更新しないとiTunesアカウントは期限切れになると言ったそれっぽく、タチが悪過ぎにも程がある迷惑メールなので、此方にもご注意下さい(私も注意しなくては…)。

テーマ : 迷惑メール対策
ジャンル : 携帯電話・PHS

零〜刺青の聲〜



951121009011429535483952921612810837d1.jpg

今日紹介する作品は
2005年7月28日にテクモからPS2で発売された「零〜刺青の聲〜」です。






あらすじ

黒澤怜はフリーのカメラマンである。ある日、彼女は取材の為に朽ちた廃屋に訪れる。そこで雪の降りしきる巨大邸宅の白昼夢を見た。そこにいたのは彼女が起こした交通事故により亡くした恋人・麻生優雨であった。その日から彼女の眠りは不気味な夢に侵されていく…。


ニコニコ大百科より引用




テクモの零シリーズの第3作目。前回紹介した紅い蝶や、初代零(此方は未プレイ)の2部作のストーリーを絡んでいます。


登場人物紹介


o0800060011504190437.jpg
黒澤怜 cv皆神純子
本作の主人公の1人。フリーのカメラマン。23歳。
自身が起した交通事故により婚約者であった麻生優雨を亡くす。
仕事に打ち込んでいるようだがかなり内心思い詰めており、若干諦観している。眠りの家を放浪する夢を見るようになってから、黒澤邸にはお茶目な幽霊が住着くようになるが割とスルーしている。



麻生優雨 cv黒田崇矢
怜の恋人であったが、怜が起した交通事故により死亡している。
眠りの家に現れ、怜を屋敷の奥に導いて行く。天倉蛍とは仕事仲間であったらしく、手紙のやり取りを見る事が出来る。射影機を発明した麻生博士の子孫に当たる。



14902211.jpeg
雛咲深紅 cvわくさわりか
本作の主人公の1人。怜の助手・家事手伝いをしている。19歳。
現実世界に戻ってからの癒やし要員。不鮮明な写真を依頼すると、嫌な顔一つせず念入りに詳しく調べて来てくれる全く持って出来る助手。黒猫を飼っている。
前々作「零〜zero〜」の主人公。彼女もまた折り合いが付かない想いを抱いており、眠りの家に囚われることになる。



w10_1024.jpg
天倉蛍 cv織田優成
本作の主人公の1人。ノンフィクション作家。26歳。
前作紅い蝶の主人公天倉澪・繭の叔父さんに当たる。
眠りの家に囚われてしまった澪を助けようと調査する内に自身も眠りの家に引きずり込まれてしまう。
途轍もない脚力を持ち、また打たれ強い。しかしリアリストであるらしく怜・深紅に比べると霊力が低く、幽霊を前にすると射影機を持っても中々に苦戦する。



image.png
天倉澪 cv神田朱未
前作紅い蝶の主人公。紅い蝶の舞台皆神村でいろいろな目に遭い過ぎて窶れて心に深々しい生傷を負ってしまった。複雑且つ残酷な事情により(本作では失踪と取り扱われている)姉の繭を思い続け眠りの家に囚われている。




上記の「黒澤怜・雛咲深紅・天倉蛍」の三人を操作プレイヤーとして扱えます。
三人各自、操作や扱える射影機(霊を除去する武器です)にクセがあり、一筋縄ではいかないプレイが堪能出来ます。

Manorinsnow.jpg
舞台である「眠りの家」は雪が降り注ぎ、幻想的な雰囲気が漂っております。


smile-1_2016030300551675f.jpg
中はヒュ〜ドロドロで怖いけどな!


前作の舞台は村(前々作では氷室邸という屋敷)でしたが、今作では「夢の中の屋敷」。夢の世界における屋敷を探索し、現実世界に戻る流れになっています。
屋敷の中は膨大に広く、まるで忍者屋敷のような作り。また、屋敷内では「刺青の巫女」といった強力な怨霊が徘徊しており、終盤からは巫女に見つからないようアイテム(灯火)を照らし乍ら進んで行きます。

探索に長く時間を催す反面、紅い蝶では村から脱出することが目的で、閉鎖された空間に居続けていたのに対し、今作では一通り安息出来る自宅があります。
しかし徐々に現実世界の自宅にも侵蝕するかのように怪奇現象が起こって行きます。「はあー↑やっと眠りの家探索し終わった〜〜〜」と安息出来る現実世界に戻っても、手足がにょろっと出ている怪奇現象が起きていて、油断なりません。


smile_201603030055171ea.jpg
深紅ちゃんも夢を見るようになると、段々と台詞も憂鬱になっていきます。安息だった筈の現実世界が徐々に「侵蝕されていく恐怖」が今作の醍醐味ともいえるでしょう。


物語は大切な人に先立たれ、残こされた人々の葛藤。王道のテーマ乍らもいつか起こりうること、身近のテーマで引込まれる物語となっています。主要人物だけではなく、幽霊でさえも「生き残ってしまったこと」に罪悪感なり嫌悪感を抱いており、(若干希死念慮すら感じられる)雰囲気が非常に陰鬱です。そういった人々が眠りの家に誘われてしまい、そこで何を想うのか、先が気になる物語となっています。

また、初代零の「雛咲深紅」、紅い蝶の「天倉澪」といった歴代零シリーズの主人公メンツの事実上後日談となっているので、その後が今作では触れられているのが美味しいところです。





そして零シリーズには欠かせない天野月子さん(現在では天野月さん)の主題歌「聲」も非常に世界観とマッチングしています。随分昔にプレイ動画でこのエンディング曲を聴いて「ああ、絶対いつかプレイしよう…」とも思ったものです…(ようやくプレイ出来た模様)。



〜気になったあれこれ〜

・射影機の操作が楽しい
前作紅い蝶では兎に角シャッターチャンスやフェイタルが来るまで待って、ずーと引き付けて撮影をしていましたが、今作では通常撮影も割りかし楽に。また、フェイタルフレームの連続コンボに制限が無いため連続して相手にダメージも与えれます。カメラ機能はこれ以上改変しなくても良いくらい!
(そういえばまだ前作から一度も強化レンズを使用していません…)


・読み物が多い
眠りの家で収集した情報・写真を現実世界で帰って確認する手間があります。若干終盤になると作業的になってしまうのですが、ミステリーのようにどんどん謎を解いて行く面白さがありましたね。何れも読み物がしっかりと書かれていて読み応えがあります。


・三人の登場人物を操作する
蛍さんが弱いクセのある操作スタイルでだいぶ苦戦しました。ちょくちょくレビューで批評されている通り、途端に怜のパートの次に蛍が来たりするので、物語の筋が追いにくい面もあります。


澪ちゃんが可哀想
574.jpg

前作「紅い蝶」をプレイしたばかりだったので感情移入してしまっているのですが、姉を想い続ける澪の姿が痛ましく哀しい…。もう前作でさえあんなに心を抉られたのに更にトラウマを掘り返そうとさせる辺り、本シリーズは登場人物が美少女だからといって容赦はさせないスタンスを垣間見る事が出来ます。


・怖さがグレードアップした幽霊達

20130816093156b53.jpg
気付いたら机の下にいたり…


smile_20160303232223af1.jpg
後ろから抱きつかれたり…


050802_gm_tv_g78_03_mid_02.jpg
カメラ目線で記念撮影したり…

普通に幽霊は怖いです。恨み言をぶつくさ言って登場するので、「あ〜来るな〜」て予測は出来るものの、やはりホラーは本当に苦手!という方には厳しい試練になりそうです…。しかも今回、前作の千歳ちゃんのような可愛い幽霊がいないので個人的に癒し要員は現実世界の深紅ちゃんしかいないのもポイントです。
中々にキワドい見た目なのでブログに載せる事は出来ませんが、中でも床下探索していたら突如カサカサやってくる四つん這いの女が今作の思い出です。




もう紅い蝶が初プレイで印象に残り過ぎてしまったものでしたが、刺青の聲も十二分に面白くプレイ出来ました。怖さよりも切なさが際立って来る物語でしたね。エンディングには思わずホロリ…。美麗なグラフィックと普遍性のある物語に今プレイしても全く古さを感じさせない作品でした。


テーマ : 零シリーズ
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ナベ

Author:ナベ
今年の抱負
「筆が早くなる」

基本まだらなブログ
映画、アニメ、お絵描きの記事が比較的多めです。
*趣味
お絵かき 
pixivもやってるよ
散歩 音楽と映画鑑賞
*Music
Perfume 宇多田ヒカル 天野月

リンク先の「Filmarks」「あにこれ」ではおなべ名義でレビューしてます。そちらもどうぞ。

twitter
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。